ゴールドカードの歴史

 

日本で初めて発行されたゴールドカードは「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」です。1980年にサービスが開始され、当時の年収が1000万円以上で持つことができなければ持つことができない、まさにプレミアムカードでした。

その後、日本の大手銀行などからゴールドカードが発行され、現在のようにワンランク上のクレジットカードとしての地位を確立しました。

またゴールドカードのさらに上のプロパーカード、ブラックカードやプラチナカードなども生まれ、現在では以前の輝きを失っているのもまた事実です。

タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
ライフスタイルで選ぶ
特集記事

JESTOクレジットカード・電子マネー・金融関連サイト