クレジットカードトラブル ショルダーハッキング

ショルダーハッキングとは、肩越しに盗み見るという意味から、キャッシュカード、クレジットカード、そして重要なIDやパスワードを盗み見る方法のことです。

この名前の起源は、昔、銀行のATMを操作している人の手元を肩越しに覗き込んで、盗み取ることからこのように呼ばれるようになりました。

現在では、ノートパソコンなどが普及しているため、カフェや図書館などでも、また電車の中など、画面を肩越しにのぞくことができるため、大事な情報が漏れる可能性が増えてきました。

銀行のATMなのでは、背後に人が近付いてきたり不審な人がいた場合は、ATMの利用をやめることや、警備員の人に知らせることが防止策となります。また、ノートパソコンなどを利用している人は、「覗き見防止フィルター」をモニタにつけることです。

ショルダーハッキングに関しては、事前に犯罪防止策が講じやすいため、自分で自分の身を守るためにも、意識的に心がけるようにしましょう。

 

タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
ライフスタイルで選ぶ
特集記事

JESTOクレジットカード・電子マネー・金融関連サイト