クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険選びのポイント

みなさんは海外旅行に行く際に、海外旅行保険に加入されていますか?1年に数回以上海外に行かれる方は、その都度保険に加入されていると、意外と負担金額も多くなってしまします。

多くの年会費無料のクレジットカードにも付帯されていますので、複数枚持つことで、海外旅行傷害保険の保障を充実させることが可能です。

損害保険会社の海外旅行傷害保険に加入するか、海外旅行保険が自動付帯されているカードを発行するか比較するポイントとしては下記になります。

■適用条件を確認する
クレジットカードの海外旅行保険が、無条件で海外旅行傷害保険が適用されるかどうかです。カードの種類によっては旅行代金や旅行代金の一部、あるいは宿泊代金をそのクレジットカードで支払ったときに海外旅行傷害保険の適用対象となるなど、条件が異なる場合があります。

■適用期間と適用範囲について

クレジットカード自動付帯海外旅行傷害保険の保険適用期間は、ほとんどの場合最大90日間となっています。著者も実際、カナダに1年間住んでいた時には、カードの付帯保険以外に、損害保険の保険に1年間加入していました。そのため、90日以上の長期の海外旅行や海外留学の場合は別途有料の海外旅行傷害保険に加入することをお勧めします。

 

タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
ライフスタイルで選ぶ
特集記事

JESTOクレジットカード・電子マネー・金融関連サイト