クレジットカード 死亡後遺障害補償

死亡後遺障害補償とはクレジットカードを所持する本人会員が旅行先の不慮の事故などで死亡、または後遺障害などの重い傷害が残った時に保障してくれる保険のことです。

死亡保障の対象となる内容

責任期間中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合に、傷害死亡・後遺障害保険金額の全額をお支払いします。
ただし、保険金をお支払いする原因となったケガについてすでに後遺障害保険金をお支払いしている場合には、その金額を差し引いてお支払いします。

後遺障害の対象となる内容

責任期間中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故の日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合に、後遺障害の程度に応じて傷害死亡・後遺障害保険金額の3%~100%をお支払いします。
ただし、お支払いする後遺障害保険金の額は、保険期間を通じ、傷害死亡・後遺障害保険金額をもって限度とします。

死亡後遺障害補償の対象外となる場合

・本人または保険金受取人がわざとした場合  → 保険金詐欺など
・自殺・犯罪・闘争行為など
・自動車等の無資格運転・酒酔運転中の事故
・頸部症候群(むちうち症)または腰痛で他覚症状のないもの
・妊娠、出産、早産、流産、歯科疾病の治療に関する費用
・脳疾患、疾病または心神喪失 など
・ 戦争やテロに巻き込まれた場合

※主要となる補償内容を掲載しております。カード会社各社により内容が異なりますので詳細は各カード会社で確認をしてください。

 

タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
ライフスタイルで選ぶ
特集記事

JESTOクレジットカード・電子マネー・金融関連サイト