クレジットカードの歴史

 

クレジットカードの歴史は意外と長く、約50年前に誕生しました。

1950年世界初のクレジットカード会社としてダイナースがアメリカで設立したのが始まりです。

10年後の1960年、日本でも日本ダイナースクラブが設立。丸井が日本初のクレジットカードが発行されました。

翌年には日本クレジットビューロー(ジェーシービー)設立。その後は銀行系のクレジットカードなどが相次いで誕生しました。

アメリカのクレジットカードの歴史

1950年 ダイナースクラブを設立
1951年 フランクリン・ナショナル銀行がクレジットカードを発行
1958年 アメリカン・エキスプレス(AMEX)がクレジットカード業務を開始。 
     バンク・オブ・アメリカカード(VISAの前身)を設立。
1966年 インターバンクカード(MasterCardの前身)を設立
1975年 アメリカンエキスプレスがゴールドカードを発行
1988年 アメリカンエキスプレスがプラチナカードを発行

日本のクレジットカードの歴史

1960年 富士銀行と日本交通公社が日本ダイナースクラブを設立
     同年、丸井が日本初のクレジットカードを発行
1961年 日本クレジットビューロー(JCBの前身)を設立
1966年 日本信販がクレジットカードを発行
1980年 アメリカンエキスプレス(AMEX)が日本で初めてゴールドカードを発行

タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
ライフスタイルで選ぶ
特集記事

JESTOクレジットカード・電子マネー・金融関連サイト