燃費を良くする運転方法

車の運転方法の工夫次第で、燃費を良くすることは可能です。実際に実験をしたところ、燃費の効率が1.5-2倍になったという報告事例もあります。

■急発進、急加速、急ブレーキをしない
車は発進するときにとてもガソリンを必要とします。そのため、発進時はクリープを利用しましょう。クリープとは、オートマ車でギアを「D(ドライブ)」に入れていると、アクセルを踏まなくても動き出す現象のことです。

■ガソリンを満タンまでいれない
車の車体重量はガソリンの消費量に影響します。そのため、ガソリンを半分くらいずつにして、毎回給油するほうが、車体を軽くすることができるため、燃費をよくすることができます。

■オートマ(AT)車からマニュアル(MT)車に変更する
オートマの車よりも、マニュアルの車のほうが燃費を良くすることができます。車はギアが小さいほどガソリンを消費するため、小さなギア(ローやセカンド)から大きなギアへなるべく早くギアチェンジするほど、燃費が良くなります。マニュアル車は自分でギアチェンジができるため、オートマ車よりも燃費を良くすることができます。

■アイドリングストップ
アイドリングストップとは自動車が走っていない時(停車時)にエンジンを止めて、無駄に燃料を消費しないことです。駐停車時でのアイドリングストップは、現在多くの自治体で条例を定めて推進されています。しかし、信号待ちでのアイドリングストップは、路線バスや宅配便などを除いて、自家用車ではほとんど実施されていないのが現状です。信号待ちでのアイドリングストップは、ほんの5秒間でも省エネに効果があるのです。アイドリングストップは、われわれひとりひとりが簡単に出来る省エネルギー、地球温暖化防止への取り組みです。

■信号に引っかからない運転をする

市街地で燃費を最も高める方法のひとつが、なるべく信号にかからないようにすることです。なるべくゆったり加速し、先の信号にも注意を払いながら赤信号に引っかからないようスピードを調整し、できるだけ停止を避けること燃費をよくする方法のひとつです。

タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
ライフスタイルで選ぶ
特集記事

JESTOクレジットカード・電子マネー・金融関連サイト