マイル・マイレージの日本の歴史

アメリカが1981年にアメリカン航空がマイレージプログラムをスタートさせましたが、日本の航空会社が本格手にマイレージプログラムを開始したのは、1997年と、その歴史時代非常に浅いです。全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)がほぼ同時期に開始。

2009年4月現在、ANAマイレージクラブは会員数1865万人、JALマイレージバンクは2201万人となっています。

マイレージプログラムが浸透するにつれて、飛行機に乗らなくてもマイルが貯まる方法も登場しました。日本でも各クレジットカード会社の提携や、レンタカー会社、ホテル、電子マネーとの提携などにより、日常生活においてもマイルを貯めることができる、現在のような形になったのです。

タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
ライフスタイルで選ぶ
特集記事

JESTOクレジットカード・電子マネー・金融関連サイト