マイル・マイレージの歴史

マイル・マイレージプログラムは、無料航空券やポイントなどの交換できるお得なシステムです。マイル・マイレージの歴史は、飛行機の歴史と比較すると、まだまだ浅く、航空業界の自由化によって生まれたプログラムです。

1970年代後半にはいると、アメリカでは、航空自由化政策を実施しました。航空自由化政策はディレギュレーションとも呼ばれ。その時代のアメリカではパンアメリカン航空、トランス・ワールド航空、ノースウエスト航空などが国際線の殆どを占めていました。また、アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、イースタン航空などが国内線と近距離国際線を担当するという棲み分けがなされていました。

そのため、市場経済の正しい競争原理が働かずに、運賃の高止まりなどを防ぐために、
航空会社設立の自由化と、国内路線の開設、料金設定の自由化などを盛り込んだ航空自由化政策「ディレギュレーション」政策を導入しました。

政策の導入後は、サウスウエスト航空やジェットブルー航空などの新規参入航空会社により各社の業績悪化が目立ち始めました。そのため、アメリカン航空が自社の顧客を囲い込む戦略の一環として、1981年にマイレージプログラムをスタートさせました。

アメリカン航空はプログラムスタート1年間で100万人の会員獲得に成功。そして、海外の航空会社がマイレージプログラムを開始したことにより、全世界に広がるようになりました。

タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
ライフスタイルで選ぶ
特集記事

JESTOクレジットカード・電子マネー・金融関連サイト